MMD-PVから作詞作曲までやる、ボカロPしんりんの製作ノート

ボーカロイド、VRなど音楽と映像の作成方法と講座

VRchatのカメラ機能の使い方を徹底解説【自撮りやタイマー機能】

投稿日:2018年8月9日 更新日:

VRchatのカメラのボタンが押せないんだけど?
自撮りモードやフィルターの使い方は?
こんな疑問に答えていきます。
2018年8月からHTC ViveでVRChatを利用している僕が、実体験を元に解説していきます。

はじめに

VRChatを始めて、最初の方に思いました。

この感動を写真に撮って友達に伝えたい!!

でも、この写真の撮り方が、わりと複雑なんです。
(僕は1時間試行錯誤しました…)

自撮り機能が使えるようになると、自分の自慢のアバターと友達との2ショットが撮れますね。
フィルターも面白いです。

では、解説していきます。

参考資料

VRChat Steam Community Announcements
https://store.steampowered.com/news/?appids=438100&appgroupname=VRChat&feed=steam_community_announcements

 

スクリーンショットの方法は別記事

スクリーンショットに関しては、HTC Viveなら、片手で(同じ手で)「トリガー押しながら、メニューボタン」です。
詳しくは、こちらの記事で写真入りで書きました。

HTC Viveでスクリーンショットを撮る方法【片手で同時押し】

今回は、スクリーンショット機能よりも、より高度な写真が撮れる方法について説明していきます。

 

1.VRChatのカメラ機能を呼び出す

(1)メニューボタンを押してメニューを出す

コントローラーのメニューボタン(上の方の丸いボタン)を押して、VRChatのメニューを出します。

(2)メニューからCameraを選択

左下あたりにあるCameraを選びます。

(3)Cameraの詳細メニューからPhoto Cameraを選択

カメラの詳細メニューがでます。
「Photo Camera」を押すと、通常の静止画カメラが出現します。

そのあとずっとカメラは消えません。
カメラを消したいときは、「Disable Camera」を押すと、カメラを消せます。

通常のカメラ「以外」のカメラについて
通常の静止画の「Photo Camera」以外にもこれらのカメラがあります。
(1)Panorama(パノラマカメラ)
パノラマカメラは、バーチャル環境で360度の写真を撮って、デフォルトのフォルダに保存する機能。
(2)VRChive Panorama(VRChiveパノラマ)
VRChiveパノラマは、バーチャル環境で360度の写真を撮って、VRChiveのwebサイトにアップして、他のユーザーからも見れるようにする機能とのことです。
(3)Photo Camera(通常のフォトカメラ)
この記事で紹介している、通常の静止画カメラです。
(4)Stream Camera(ストリームカメラ)
ストリームは、デスクトップに動画をミラーするだけの機能です。(録画に便利)
(5)Disable Camera(カメラを隠す)
カメラを隠します。

 

2.カメラのシャッターを切る

カメラを持ちながら「同じ手」でトリガーボタンを押します。
手が一瞬コントローラに変わり、「キュイーン」って音がしたら、撮影できています。

(2018.08.17訂正済み)
現在は「同じ手」でシャッター押します。
(前は、違う手で押す仕様だったような気がしたんですが…)

新しいカメラはこんな感じ

カメラの色はワールドによって変わるようです。

 

3.写真の保存場所

保存先はWindowsのピクチャーフォルダのVRChatのフォルダーの中です。
もしくは、Steamのメニューからも見れます。

 

4.カメラのメニューを操作する時のコツ

このカメラは、メニューの各ボタンから、いろんな機能が選べます。

ただし、このカメラのメニューのボタンを押す操作が、意外と難しいんです。
(僕は30分格闘して、なんとか使えました…)

(1)左手をカメラに近づけて「Use」が出たら、トリガー

VRChat内で「モノを持つ」操作の基本ですね。
カメラに左手(or右手)を近づけると、「Use」のポップアップが出るので、同じ手でトリガーボタンを押します。
カメラを持つことができます。

(2)右手をカメラのボタンに「絶妙に」近づける

左手でカメラを持った状態で、右手をカメラのボタンに「絶妙に」近づけます。
ボタンの部分に「絶妙に」手を重ねるとポップアップが出るので、トリガーでボタンを押せます。

絶妙なんです…まじで

近すぎてもダメだし、遠すぎてもダメです。
離したり近づけたりしてると、距離感がわかると思います。

僕は10分くらい押せませんでした…(涙)

 

5.カメラの各ボタンの機能の説明

カメラの各機能について説明していきます。

(1)レンズの位置(Lens Movement Space)

カメラのレンズの位置を、変化せるモードです。

ノーマル レンズはカメラについている状態
通常モード
プレイヤースペース レンズがプレイヤーに伴って動く。
映像を撮るときに、セカンドカメラとして使うのが便利。
ワールドスペース レンズの位置を固定できる。

https://store.steampowered.com/news/?appids=438100&appgroupname=VRChat&feed=steam_community_announcementsより作成

(2)レンズの動き(Lens Movement Behavior)

レンズの動きを切り替えられます。

ノーマル レンズが置いた位置に固定される
通常モード
ステディカム(固定カメラ) レンズが動きを滑らかにしようとするモード
ルックアットミー(常に自分を向く) レンズが常にあなたの頭の方に向くモード

https://store.steampowered.com/news/?appids=438100&appgroupname=VRChat&feed=steam_community_announcementsより作成

(3)ピン(Pins)

ピン機能は、カメラの設定をプリセットとして記憶させる機能です。
3つまで、フィルターやカメラ位置などの設定を記憶できます。
VRChatをリスタートさせるまで保存されます。

(4)フィルター

フィルターたくさんありますね。
サイバー調だったり、変化さえて写真撮れます。
黄緑のやつは、合成用のグリーンバックにしてくれますようです。
地味に便利ですね。

Old Timey(オールドタイム)

- Doesn’t look like anything to me

アメリカの古き良き時代のイメージ

Pixelate(ピクセレイト)

- VRChat now for the PS1

Glitch(グリッチ)

- Glitch, download!

Code(コード)

- You get used to it, I don’t even see the code

Sparkles(スパークル)

- Mahou shoujo Unity-chan

Hypno(ヒュプノ)

- When I snap my fingers, you’ll atlas your textures

Trippy(トリッピー)

- You ever seen the back of a 20 dollar bill… on VRChat?

Green Screen(グリーンバック)

- Since you can’t buy a big green bed sheet for VR. Useful for videos and streaming!

背景が緑色一色になります。
自分で合成したい時に便利です。

Alpha Transparent(透過アルファ)

- For photoshopping yourself into the group photos. Also good for streaming!

Blueprint(ブループリント)

- This is just a draft

Drawing(ドローイング)

- VRChat Coloring Book

(英語部分はhttps://store.steampowered.com/news/?appids=438100&appgroupname=VRChat&feed=steam_community_announcementsより引用)

(5)自撮り棒(Extender Stick)

自撮り棒があれば、ツーショット写真が撮りやすいですね。

自分の自慢のアバターと、友達のかわいいアバターとのツーショットに最適。
みんなで、画面見ながらワイワイ撮れますね。

ただ、この自撮り棒は「真ん中より上」しか掴めなかったです。
(やり方が悪いのかな)

(6)タイマー(Timer)

5秒間のカウントタイマー機能です。

 

まとめ

今回は、VRchatのカメラ機能の使い方を徹底解説、というテーマで書いてきました。

内容を振り返ると、スクリーンショットとは別に、VRChatにはカメラ機能があり、便利でした。
メニューから選んで、VRChatのカメラ機能を呼び出すしたり、消したりできます。
通常の静止画カメラや、動画を撮影するカメラもあります。
カメラの操作にはコツが必要で、左手で掴みながら、右手で絶妙な距離感でボタンを押す必要がありました。
カメラの各ボタンの機能では、レンズの位置、レンズの動きの設定。
設定を保存できるピン機能、フィルター、自撮り棒、タイマーの機能がありました。

これからも進化していきそうですね。

Ad-336px-stinger8

Ad-336px-stinger8

VRの記事一覧はこちら

今すぐチェック

このカテゴリーの人気記事

1

VR VRchat

VRchatのカメラ機能の使い方を徹底解説【自撮りやタイマー機能】

2018/08/09  

VRchatのカメラのボタンが押せないんだけど? 自撮りモードやフィルターの使い方は? こんな疑問に答えていきます。 2018年8月からHTC ViveでVRChatを利用している僕が、実体験を元に解 ...

2

VRchat

VRchatのシステムメニュー項目一覧とおすすめの設定【表示、音量】

2018/10/02  

名前の表示や、システムの表示を消したい時の設定は? 音量のバランスの設定はどうやるの? こんな疑問に答えていきます。 2018年8月からHTC Viveを利用している僕が、実体験を元に解説していきます ...

3

VRchat

VRoidモデルをVRChatでアバターとして追加する方法【アップロード】

2018/10/06  

ボーンのエラーを消す方法は? アバターの設定の各項目の意味は? こんな疑問に答えていきます。 2018年8月からHTC ViveでVRChatを利用している僕が、実体験を元に解説していきます。 Con ...

-VR, VRchat

Copyright© MMD-PVから作詞作曲までやる、ボカロPしんりんの製作ノート , 2018 All Rights Reserved.