MMD-PVから作詞作曲までやる、ボカロPしんりんの製作ノート

ボーカロイド、VRなど音楽と映像の作成方法と講座

作曲の第一段階、Garagebandでコードトラックとベース音を作る

投稿日:2015年8月9日 更新日:

作曲の第一段階、Garagebandでコードトラックとベース音を作る、というテーマで
作曲のDAWでの一番はじめの基本的な作業について書いていきます。

1.一番参考になった本

僕も最初は、基本、こちらの書籍のアドバイスを中心にして作業してみました
それをやりながら自分で気づいたこと、自分で考えたことを書いていきます。

 

2.曲のテーマを決めて、歌詞との組み合わせをだいたい決める

まず、前提として曲のテーマは決めないとダメだと思います。
ピアノ系のバラードにするのか、アコギ中心の曲にするのか、電子音多めにするかとか、そういうイメージです。
歌詞の雰囲気に合わせて決めることも大事だと思います。

メモ

曲のテーマ
YUIさんのようなアコギ中心のロックミディアムバラー

次回の新曲はYUIさんのようなアコギ中心のロックミディアムバラードにしたいと思います

 

3.AメロBメロサビDメロの構成なんかをだいたい考える

曲の構成もこの段階で考えたほうがいい気がしてます。
AメロBメロサビDメロなどのことです。

次回の曲は純粋に、

メモ

曲の構成
Aメロ1ーBメロ1ーCサビ1、Aメロ2ーBメロ2ーCサビ2、Cサビ3(ちょい静か目)、Cサビ4

という感じでいこうと思います。

 

4.コードトラックを作る
(コードだけのトラックとベース音のトラック)

作曲の方法に関しては、基本、書籍を参考にしながら作っているのですが、まずは何はともあれ構想を練り、コードトラックを作るところから始まると思うのです。

GarageBandに、この3種類を作っていきます。

  1. メロディーのトラック(ピアノとかフルート)
  2. コードだけのトラック(ピアノ)
  3. ベースだけのトラック(ベース)

Cubaseではコードをアルファベットで選ぶと、コードトラックがきるようですが(超便利!)

Garagebandだとコードを手打ちするしかないです...(結論)
コードを1ボタンで鳴らせるアプリからインポートしてもいいけど、結局それでも手打ちのほうが...早いよね、たぶん

(2018.10.29)追記

コードトラックの作り方について、こちらの記事によりくわしく書きました。
MIDIインポートするやり方は、GarageBandでも使えると思います

関連記事Logicのコードトラックの作り方【最速で簡単でベストな方法】

 

5.メロディからコードを考える

ここが難しいところですよね

最近は発売されたこの本にメロディからうまくコードをつける方法が書いてあるみたいなので、今度買って読んでみます。
(最近発売されたのでまだ未購入です)

今の段階で僕が思うに、鼻歌などでメロディができている場合、純粋に頭の中でルート音を探った方が早い気がします。

なんとなく(チャー、ラー、ラー)っというルートの音の流れが浮かびます...(浮かびませんか)
次回の新曲は(C-C-F-G-C)こんな感じかな(自信ない)
そこから多分定番のコード進行に当てはめていけばいける...かな(自信ない)
大抵まずはC、F、Gの3コードが多いと思います。

 

6.コードからメロディを作った場合

ぶっちゃけ僕はコードからメロディを作っているので、コードはすでに分かっていることが多いです。

このようにコードからメロディを作った場合は、そのままでもいいですが、もう少しオシャレにできるか考えます。

この編の話は冒頭の本に書いてありました。add9やaugなどの複雑なコードを組み入れていく感じ...ですかね
おそらくこの段階でしっかりコードを決めておくのが、作業効率を良くする一番の近道ですね

イラストでいう線画、建築でいう柱割、という感じでしょうね...なんとなくそんな気がします。

 

7.ベース音も吟味する、オンコードを意識して右手のコードの構成音以外でもよい

ベース音も決めておかないとですね

小室哲哉さんが多用する分数コード(オンコード)というものがあります。

オンコードと一口に言ってしまうと、転回系の意味や、ベース音を変えたコードなどの3種類の意味があるようです。
その中でも小室さんが多用しているのはベース音を変えたオンコードのことのようですね。

小室さんのツイートで出てきたオンコード(おそらくAAAの逢いたい理由かな?)では、右手のコードの構成音にない音を左手のルート音にする、例えば、DonGとかが出現しますね
※出典:https://twitter.com/Tetsuya_Komuro/status/25716433229

そこがあの絶妙な切ない雰囲気を出しているのでしょう

同時に槇原敬之さんの大ヒット曲のサビの2番目か3番目のコードもオンコードが多いですね、北風とか
(この辺はまた、いつか他の投稿で研究したいと思います。)

 

8.前奏のコードも考える

前奏はクリシェを使用したコード進行や、サビのコードをそまま使ったり、あとは自分のなかのメロディストックから持ち出したりする

 

9.すべてのコードとベース音がきっちり決まる

こうして、すべてのコードをベース音をここできっちり決めるのが大切だと思います。

基本的には繰り返しだと思いますが、Perfumeのように冒頭と1番でコード進行が変わっている場合などもありますし、Dメロを作る場合にはそこへの綺麗な流れを考えたり、無理にBメロとサビをつなげる場合は転調も考えなきゃいけないっすね
サムネ画像クレジット:sxc

 

おまけ.参考にしていたGarageBandのサイト(閉鎖してしまった様子)

(参考サイト)
このサイトも作曲ではかなり参考にしています
GarageBandではじめよう
http://www.sighne.jp/music/letstart/garageband
※2015年8月現在なぜか閲覧できませんね、とても参考になるサイトであったのになぜでしょうか

Ad-336px-stinger8

Ad-336px-stinger8

-DAW, GarageBand
-

Copyright© MMD-PVから作詞作曲までやる、ボカロPしんりんの製作ノート , 2018 All Rights Reserved.