MMD-PVから作詞作曲までやる、ボカロPしんりんの製作ノート

ボーカロイド、VRなど音楽と映像の作成方法と講座

HTC Viveのコントローラーの使い方を徹底解説【設定方法、操作】

投稿日:

コントローラーの各ボタンの名前を教えて
かっこよく収納する方法ない?
こんな疑問に答えていきます。
2018年8月からHTC Viveを利用している僕が、実体験を元に解説していきます。

はじめに

今回は、HTC Viveのコントローラーを徹底解説というテーマで書いてきます。

参考資料

HTCViveの設定チュートリアルページを参照しています。

HTC Viveセットアップ
https://www.vive.com/jp/setup/vive/

 

1.設定方法

コントローラーは設定することは、ほぼないに等しいです。

https://www.vive.com/jp/setup/vive/より

(1)コントローラー関連のパーツ

コントローラー関連のパーツは、コントローラーと充電アダプタ、充電ケーブルです。
ストラップは初めから付いています。

(2)コントローラをオンにする

コントローラーの電源をオンにします。
すごくかっこいい音がします。

https://www.vive.com/jp/setup/vive/より

とりあえず、これだけで使うことができます。

 

2.操作方法

操作方法を見ていきます。

(1)ボタンの説明

https://www.vive.com/jp/setup/vive/より

ボタンがたくさんあって複雑ですね。
ただ、「トリガーを引いてください」みたいな指示はわりとあるので、名前はザックリ把握しておくといいかもしれません。
ボタンの説明を、書いておきます。

トリガーボタン 一番よく使います。カチャっと引き金を引くイメージです。決定ボタン的な役割
システムボタン ゲームを一時中断。Viveの設定画面を開くボタン
トラックパッド 上下左右の移動にポチポチおしたり、指でなぞってカーソルを動かすことが可能
メニューボタン 今、起動してるアプリのメニューを開く
グリップボタン 見えにくいけど、実は握ってるところにボタンがあります、特殊操作が多い
ステータスライト 電源ONや、充電中に色が変わります。

(2)トラックパッドはボタンであり、スライドもできる

上にでも書きましたが、トラックパッドは、ボタンのようにかちかち押せます。
かつ、指でなぞってスライドもできます。

2つ役割があるんですね。
意外と見落としがちで、大事なポイントだと思うので書きました。

(3)穴の周りは触らない方がいい

コントローラには、ベースステーションにトラックされるセンサがあります
重要: コントローラのセンサはデリケートです。センサレンズを覆ったり、ひっかき傷をつけたりしないでください。
https://www.vive.com/jp/support/vive/category_howto/about-the-controllers.htmlより引用

コントローラの穴の周りには、センサーレンズがあるようです。
触らない方が良さそうですね。
ドーナツ形をしているのは、おそらく、レンズを配置して守っているからかもしれないです。

(4)コントローラをオフにする

コントローラの電源は、SteamVRアプリを終了すると自動で切れます。
ただ、システムボタンを長押しすれば、自分でON・OFFもできます。

 

3.充電する時のポイント

(1)便利な収納の仕方

僕は現在、こんな感じで収納しています。

収納方法に工夫が必要ですよね。
充電しないといけないし、重ねられないし。

このような、コントローラースタンドを利用するのもいいですね。
なんか、かっけえ。

(2)充電サイン

充電が必要なサインは、パソコンの小さなウィンドウで、表示されます。

LEDのステータスライトは、充電されると「白」になります。
プレイ中は「緑」です。
(オレンジは充電中で、青色はペアリング中です)

(3)充電時間

充電時間はわりと短くても、チャージされる気がしますね。
僕の実感では、1、2時間でフルまで回復する印象です。
redditを見ていても、だいたいそのくらいと書いている人が多いですね。

逆に、バッテリーの消費時間の方は、だいたい8時間くらいでバッテリーがなくなる気がします。
(こちらは、使い方にもよると思います。)

 

4.時々、ファームウェアのアップデート作業が存在

時々、ポップアップでコントローラーをアップデートしてくださいと出ます。

USBケーブルでパソコンと直接繋ぐ必要があります…
若干、不便さを感じますが、仕方ないですね

 

まとめ

今回は、HTC Viveのコントローラーの使い方を徹底解説というテーマで書いてきました。

おさらいすると、まずコントローラの設定(電源入れたくらい)をしました。
操作方法、充電する時のポイント、ファームウェアのアップデート作業などがありました。

以上、Viveのコントローラーの使い方はどれも簡単でしたね。
ボタンがたくさんあって迷うのが一番難しいところだと思いますが、一週間も使っていれば慣れた感じがします。

Ad-336px-stinger8

Ad-336px-stinger8

VRの記事一覧はこちら

今すぐチェック

このカテゴリーの人気記事

1

VR VRchat

VRchatのカメラ機能の使い方を徹底解説【自撮りやタイマー機能】

2018/08/09  

VRchatのカメラのボタンが押せないんだけど? 自撮りモードやフィルターの使い方は? こんな疑問に答えていきます。 2018年8月からHTC ViveでVRChatを利用している僕が、実体験を元に解 ...

2

VRchat

VRchatのシステムメニュー項目一覧とおすすめの設定【表示、音量】

2018/10/02  

名前の表示や、システムの表示を消したい時の設定は? 音量のバランスの設定はどうやるの? こんな疑問に答えていきます。 2018年8月からHTC Viveを利用している僕が、実体験を元に解説していきます ...

3

VRchat

VRoidモデルをVRChatでアバターとして追加する方法【アップロード】

2018/10/06  

ボーンのエラーを消す方法は? アバターの設定の各項目の意味は? こんな疑問に答えていきます。 2018年8月からHTC ViveでVRChatを利用している僕が、実体験を元に解説していきます。 目次は ...

-HTC Vive

Copyright© MMD-PVから作詞作曲までやる、ボカロPしんりんの製作ノート , 2018 All Rights Reserved.