MMD-PVから作詞作曲までやる、ボカロPしんりんの製作ノート

ボーカロイド、VRなど音楽と映像の作成方法と講座

ScreenFlowで効果音を入れる方法【音選び】【YouTube動画編集】

投稿日:2018年9月3日 更新日:

はじめに

今回は、ScreenFlowで効果音を入れる方法というテーマで書いてきます。

効果音はYouTube動画には、大事な要素だと思います。
動画のテンポが良くなり、内容もわかりやすくなります。

では、解説していきます。

(実際に使用している僕の動画はこちらです)

https://www.youtube.com/watch?v=32NYR-WODlM

ScreenFlowとは?

ScreeeFlowはMacで使える動画編集ソフトです。
Appストアでも購入できますが、公式ページの方ではセールを行なっていることもあるのでチェックオススメです。

ScreeeFlow (App Store)

ScreeeFlow(telestream社公式)

インストールが済んでいることを前提に話します。

作業環境

ScreenFlow 7
MacOSX High Sierra

 

1.効果音系の素材を用意する

(1)効果音素材のおすすめサイトは「効果音ラボ」

効果音系の素材サイトでは、ここが一番好きです。

効果音ラボ

(2)サイトを開きながら、音選びする

効果音ラボ様は、サイトが綺麗なので、音選びの作業がしやすいです。

クリックで再生してみて、試聴します。
使用すると決めたらダウンロード。
別ウィンドウで動画を見ながら鳴らせば、シミュレーションしやすいです。

オススメの効果音

カテゴリーでは、「演出・アニメ」「ボタン・システム音」がオススメです。
決定・ボタン押下の音は、すごく使いやすいと思います。

僕が好きなオススメの音
・シーン切り替え2(演出・アニメ)
・カーソル移動1(ボタン・システム音)
・決定、ボタン押下1(ボタン・システム音)
・決定、ボタン押下3(ボタン・システム音)
・決定、ボタン押下4(ボタン・システム音)
・決定、ボタン押下6(ボタン・システム音)
・決定、ボタン押下13(ボタン・システム音)
・決定、ボタン押下14(ボタン・システム音)
・決定、ボタン押下23(ボタン・システム音)

 

2.効果音を挿入する

効果音をダウンロードしたら、ScreenFlowに挿入していきます。

(1)効果音レイヤーを作成し、ドラック&ドロップで挿入

効果音専用のレイヤーを1つ作成するとわかりやすいです。
ドラック&ドロップで効果音を挿入します。

(2)場面が切り替わるところに合わせて配置

場面が切り替わるところに音を配置すると、メリハリのある演出ができると思います。
「ボタン音」的な、シンプルな音が合うと思います。
動画、字幕、などの「始点」に位置を合わせましょう。

 

3.音量を設定する

全体のバランスを見て、効果音の音量も設定していきます。
今回は、最終的に20%に設定しました。

音量の決め方

音量はこれらのバランスを見て、決めていくのがいいと思います。

・動画の音量(メイン)
・ナレーション説明(自分の声)の音量
・BGMの音量
・効果音の音量

メインである、動画の音量を邪魔しないレベルまで下げます。
動画そのものの音量が小さい場合は、効果音はかなり下げないとダメですね。
(今回は動画の方も190%まで音量を上げています。)

ただし、音を無理に上げたりすると、音質が悪くなってしまいます。
理想を言えば、動画そのものの音を綺麗に録音すれば、効果音も綺麗に活きてくると思います。
(iPhoneのマイクじゃなくて、外付けマイク欲しい…)

 

まとめ

今回は、ScreenFlowで効果音を入れる方法というテーマで書いてきました。

おさらいすると、まず、効果音系の素材を用意しました、
効果音を挿入し、最後に、音量を設定しました。

効果音素材サイト様などのおかげで、非常に効率よく音を入れられますね。
人気YouTuberのテンポのいい音演出の動画も、これで自分で簡単に作れると思います。

Ad-336px-stinger8

Ad-336px-stinger8

-Screenflow

Copyright© MMD-PVから作詞作曲までやる、ボカロPしんりんの製作ノート , 2018 All Rights Reserved.