MMD-PVから作詞作曲までやる、ボカロPしんりんの製作ノート

ボーカロイド、VRなど音楽と映像の作成方法と講座

VIVEPORTの使い方【HTCのVRアプリストア】【Steamとの違いは?】

投稿日:2018年11月8日 更新日:

Steamとどこが違うの?
360°ビデオとかVive Artsみたいなゲーム以外のVRコンテンツが豊富って本当?
こんな疑問に答えます。
2018年8月からHTC ViveでVRを利用中の僕が、実体験を元に解説していきます。

今回は、VIVEPORTの使い方というテーマで書いてきます。

VIVEPORTはweb上のVRアプリストアです。

ゲーム販売サイトのSteamと似ていますね。
実際、Steamとは提携していて共通点や共通ソフトは多いです。

でも、VIVEPORTは
・VR中心
・ゲーム以外の映像やアート系ソフトも多い
・中国語コンテンツも多め
といった特徴があると思います。

詳しく解説していきます。

VRゴーグル装着限定で行けるVR版の「VIVEPORT VR」についてはVIVEPORT VRとは?【VRアプリストアでVRプレビューや検索可能】に書きました。

VIVEPORTの基本構成

https://www.viveport.com/

VIVE PORTの基本構成はこのような感じです。

AmazonやSteamと似たような構成ですね。
上に「お気に入り」などのメニューがあって、左に検索メニューがあります。

現時点で、
アプリの検索結果 514 件
ゲームの検索結果 734 件
とハッキリ表示しているのも、潔くてわかりやすいです。

気になるジャンル

左側には「ハイライト」「ジャンル」が表示されます。
最初は、この画像のように厳選されて表示されています。

360°ビデオ

Vive Videoに代表されるように、Viveを活かして映像を見えるコンテンツを推しているようです。

VR Pro ツール

災害体験や、教則ビデオのジャンルのようです。
VRならではですね。

グルメ

グルメに関するドキュメンタリーのようなビデオをVRで見るという感じでしょうか…

Vive Artsサブスクリプションは下の方に詳しく書きました。

Steamとはどこが違うの?

「ぶっちゃけ、Steamとどこが違うのよ?」
って皆さん思いますよね。

僕も思いました。

VIVEPORTとSteamは共通点が多い

・ViveportとSteamで同じアプリが見つかる
・当然、どちらで購入しても、HTC Viveでプレイできる

など、提携しているので共通点は多いですね。

HTC と Valve は VIVE で提携関係にあり、それぞれに別の分野に焦点を当てたコンテンツストアがあります
https://www.vive.com/jp/support/viveport/category_howto/do-i-have-to-install-steam-for-viveport.htmlより引用

僕が思うVIVEPORTとSteamの違い

・VRコンテンツを見つけやすい
・見やすい
・簡単に人気順に並べられる
・大企業だけでなく、個人作品も多い気がする
・中国語系の作品が多い気がする

違いはこの辺だと思います。
VIVEPORTはVRゴーグル所持を前提としているので、VRコンテンツを見つけやすい気がしますね。

もっと詳しい公式の見解はこちらの公式ページから飛べるFAQ(英語)に書いてあります。
(だいたい似たような見解だと思います。)

https://developer.vive.com/jp/

Oculus Riftにも対応してるの?

Oculus Rift対応タイトルを購入すれば、プレイ可能とのことです。
250件近くあり、意外と多いですね。

支払い方法

Visa、 MasterCard、 American Express、 PayPal、 Alipayおよび WeChat Pay (中国のお客様限定)がご利用いただけます。
AIOをご利用のお客様は、クレジットカードへのご入会後にAIO環境にてお買い物をお楽しみいただけます。
https://www.viveport.com/mypaymentより引用

支払い方法は、上記のように各種クレジットカードにPaypalやAlipayが使えるようです。

AIOとは

キャッシュカードなどと併用できるオールインワンカードの意味のようです。

Vive Arts

https://www.viveport.com/event/vive_arts

芸術の創造と鑑賞を促進するプログラムとのことです。

國立故宮博物院のコンテンツがあったりします。
VRで芸術作品を見る行為はかなり可能性あると、僕は思います。
今後も増えていきそうですね。

VIVEコミュニティ

https://community.viveport.com/

Steamのコミュニティと似ていますね。
各種の掲示板が設定してあります。
開発者コミュニティやSDK議論もあります。

Viveportブログ

一般ユーザーが、コンテンツ紹介などの投稿記事を書ける機能のようです。
外部ブログにリンクしているのではなく、完全に内部で書いているようですね…
(ニコニコのブロマガに近いイメージかもしれません)

VIVEPORT サブスクリプション

https://www.viveport.com/subscriptions/

毎月定額の料金を支払うことで、限定された数のアプリを毎月ダウンロードすることができるシステムです。

サブスクリプションで利用できるタイトルは限られています。
14日間無料トライアルありとのことです。

うーん…そ、そんなゲームたくさんするかな
毎月どんなジャンルの新作ゲームでもやりたい、っていう人にはいいのかもしれないですね。

Steamのサブスクリプションとの違いは?

Steamのサブスクリプションは、ゲームごとに設定するようです。
対応タイトルも少ない気がします。
(下の説明も読んだんですが、いまいちよくわかりませんでした…)

Recurring Subscriptions(Steam)
https://support.steampowered.com/kb_article.php?ref=8018-TAJK-6238#purchase

なので、VIVEPORTのサブスクリプションの方がわかりやすいので、選択肢としてアリかもしれませんね。

というわけで今回は以上です。
とても見やすいアプリサイトですね。
VRというコンセプトで、ゲーム以外のソフトも多いです。
Steamと似ていますが、ゲーム以外や、中国語系ソフトの充実が特徴だと思います。

サブスクリプションはSteamより単純明快でわかりやすいシステムになっている気がします。
今後もソフトが増えていきそうです。

-HTC Vive, VR

Copyright© MMD-PVから作詞作曲までやる、ボカロPしんりんの製作ノート , 2019 All Rights Reserved.