MMD-PVから作詞作曲までやる、ボカロPしんりんの製作ノート

ボーカロイド、VRなど音楽と映像の作成方法と講座

2015年の僕のおすすめボカロ曲年間ランキング10

投稿日:2015年12月28日 更新日:

今年2015年もたくさん名曲ありましたね
ボカロ曲で僕が今年とてもよく聞いていた曲をランキング形式でご紹介

10位 メリュー /ナブナ

2015年はナブナさんの年だった、と言っても過言ではないくらいですね。 メリューはヘッドホンで聞くと、かなりかっこいいですね。ナブナさんはわりとオケをミニマムにしているのかなあ、って思ったりした時期もあったんですけど、盛り上がるところはオケもフルで楽器もかなり鳴ってますね。 それができるからこそ、引き算で、抑えるところはシンプルなアレンジにしているんだと思います。ナブナさんやOrangestarさんは今年一気にメジャー方面に突き抜けた感ありますね。

 

9位 星に抱かれて /Sachiko、黒田亜津、(作詞:なかにし礼様 作曲:都志見隆様 歌:小林幸子)

Sachikoも2015年は大フィーバーでしたね。まずVOCALOIDとしてSachikoが発売されたので、そのリリース時期にかなりの良曲が出現しましたね。下に貼ったやつとかも結構好きです。でも一番聞き入ったのはこの「星に抱かれて」なんですよね
これがボカロ?って初めて聞いた時は衝撃でした。
小林幸子自体も、今年は脳漿炸裂ガールのカバーも良かったですし、そこから辿っていろいろ聞いちゃいました。
「紅一葉」はかなり、いいですね。もう…さすが、って感じです。小林幸子さんはキャラクターが受けているのはもちろんありますけど、やっぱりこの方のすごいところは「歌唱力」だと思いますよ。実力が段違いです。
紅白歌合戦では「紅一葉」と同じく黒うさPが作った「千本桜」を歌うみたいですが、こちらも小林幸子の歌唱力なら、安心ですね。ビブラートとか溜めとかまじ神レベルで上手い。



 

8位 キミノヨゾラ哨戒班 /Orangestar

説明するまでもないと思いますが、Orangestarさんの大ヒット曲ですね。こちらのアレンジの方が僕は好きですね。やっぱギターとドラムの音がクリアで、奥行きとか横幅を感じる音の作りになってると思いますね。 この曲、とにかく男臭いですよね、2番サビの「Sky allow」の部分なんて雄臭くてまじ筋肉連想しました。1番と同じような感じでいくと想ったら、予想裏切られのシャウトって感じですよね カラオケで歌いたい あ、新曲もかなりいいですね(下に貼りました

7位 セカイセイフク /caco-2

はい、来ましたよこれ、キタコレ。超期待の新人ですね。
初投稿らしいですけど、初投稿でこの編曲?このマスタリング?クオリティ高すぎ
2番のBメロでいきなりしっとり聴かせたり、ラスサビ前でも緩急つけたりの演出が上手いですね
サビは一見抑えめな盛り上がりなんですが、そこが僕はとても好きですね
ありがちなサビだとどうしても既存のものと被ってきちゃいますから
編曲の高音ピアノの駆け上がりとゴリゴリギターと、常にある下パートのハモりの組み合わせがおしゃれですよね。このおしゃれ具合がイラストとも合ってるんですよ、イラスト好きだなあ、これ

 

6位 そんな気持ちぐらいは誰にでもあるって言われてもみんなニコニコニコニコ生きてるんだから信じらんねえよ /薄塩指数

薄塩指数さんは重音テトの曲の発表が多いイメージのPさんです。この「そんな気持ちぐらいは誰にでもあるって言われてもみんなニコニコニコニコ生きてるんだから信じらんねえよ」は、歌詞中にニコニコやシクシクなどの数字に当てがっているのだろう歌詞の遊びがありつつも、基本的にはどストレートの内容です。そこが僕は好きですね。 世界への絶望をかなり衝撃的に歌っていますが、それが今の日本の若者の現状であり、それを代弁していると思うのです。というかすいません、日本がとかどうでもいいですね、とにかく僕は好きなんです、この曲

 

5位 はじめまして地球人さん /ピノキオピー

ピノキオピーさんは2015年はかなり発表が多かったですね。ライブイベントも行いましたし、かなり盛り上がっていたボカロPの一人だと感じます。
たくさん発表された中でも、ニンテンドーDSのゲームに収録されていたこの「はじめまして地球人さん」はピノキオピーお得意の「皮肉」や「愚痴」に絡めた想いが伝わって来る曲です。PVもなかなか素直じゃないですねw
ちょうど今年末に「すろぉもぉしょん」がランキング再浮上していますが、それ以外位にも「祭りだ祭りだヘイカモン」「モチベーションが死んでる」などもかなりエキサイティングな曲でした。ピノキオピーさんのDJプレイ生で見たいな。



 

4位 サヨナラザクラ /ハヤブサ

期待のルーキーと言われているハヤブサさんの春の発表曲ですね。秋に発表した「ムゲンノツバサ」もかなりヒットしました。この「サヨナラザクラ」ではボカロの調声により、感情が高ぶって震えているような感じが僕には伝わってきて、とても泣ける歌になっていると感じます。卒業、そして片思い、とても切ないです。

 

3位 ニュース39 /Mitchie M

とても明るい曲で好きです。Mitchie Mさんは今年はあの安室奈美恵と初音ミクのコラボレーションで調声を担当した事でも話題になりましたね。
Mitchie Mさんは毎回100%前向きな歌詞と世界観の楽曲で、楽しいときに聴きたくなります。

 

2位 世界を壊している /Neru

Neruさんは今年も投稿が多かったですね。メジャーセカンドアルバムもリリースされました。そのアルバムにも入っているこの「世界を壊している」「FPS」「テロル」はどれも僕のお気に入りです。 世界を壊しているの歌詞の世界観はとても共感できますね。ギリギリのところで生きている若者の気持ちを代弁してくれていると思います。

 

1位 初体験 /ナナホシ管弦楽団

1位はもう絶対これしかないですね、誰も文句はないと思います(あれ?俺だけ)
この作品は動画が真っ白な画像1枚のみという、シンプルさで敢えて勝負した、渾身のロックソングです
VOCALOIDの存在自体をテーマにし話題となった作品です
VOCALOID文化が失くなってほしくないという思いがこみ上げて、ついつい涙が溢れています
絶対に聞く価値あります
(サムネ画像素材:Freepik)

Ad-336px-stinger8

Ad-336px-stinger8

-J-POP
-

Copyright© MMD-PVから作詞作曲までやる、ボカロPしんりんの製作ノート , 2018 All Rights Reserved.