MMD-PVから作詞作曲までやる、ボカロPしんりんの製作ノート

ボーカロイド、VRなど音楽と映像の作成方法と講座

VRChatのEye Trackingを解説【プルダウン選択するだけ・テスト可能】

投稿日:2019年5月6日 更新日:

VRChatのEye TrackingはBlenderでCats Blender Pluginを使って設定するのがおすすめって本当?
Lower lidなど数カ所の項目をプルダウン選択で設定するだけって本当?
念のためテストしておいた方が後で面倒くないって本当?
こんな疑問に答えます。

僕はVRoidで漫画が作れるiPhoneアプリComicamを開発して公開中、自作の3Dモデルは400DL以上されています。
そんな僕が解説していきます。

作業環境

Blender 2.79a
Cats Blender Plugin 0.13.2
Windows10 / Mac OSX Mojave

VRChatのEye Trackingを解説【プルダウン選択するだけ・テスト可能】

BlenderのCats Blender Pluginでアイトラッキングのシェイプ(目を動かした時の形状)を作成していきます。

Cats Blender Pluginの使い方の全体の流れはこちらで解説しています。
» Cats Blender Pluginの使い方【1ボタンで最適化・詳細設定も可能】

Eye Trackingのシェイプキーを登録する

Cats Blender Pluginの左サイドバーのEye Trackingの項目を設定していきます。

各項目のプルダウンでVRoidに存在しているシェイプキー(形状記憶)の中の該当のものを選びます。

項目 選ぶシェイプキー 意味
Blink Left EYE Close L 閉じた時の左目の形状
Blink Right EYE Close R 閉じた時の右目の形状
Lowelid Left EYE Joy L 下まぶた左の形状
Lowelid Right EYE Joy R 下まぶた右の形状

下まぶたに相当するシェイプはJoy(笑い顔の目)でいいのか迷いました。
VRoidではこれしか選択肢がないですし今のところ問題なさそうです。

選び終わったらCreate Eye Trackingを押してアイトラッキングを作成します。

Eye Trackingのテストをする

テストのタブを開きテストスタートを押します。

上下左右の目の動く範囲をテスト

Up-DownとLeft-Rightをそれぞれスライダー・数値入力で動かせます。
Reset Rotationを押せば真ん中に戻せます。

まばたきで目を閉じた状態をテスト

Blink Strengthのテストボタンを押せば閉じて、Reset Shapesで戻ります。

下まぶたの動きをテスト

Lowelid Strengthのテストボタンを押せば閉じて、Reset Shapesで戻ります。

きちんと動くのを確認したらStop Eye Testingでテストを終了します。

Eye Trackingの最終確認をする

慣れないうちはUnityでの作業に移る前に最終確認をしておくのがおすすめです。

右サイドバー>Body>オブジェクトデータタブと進みます。
シェイプキーの欄に「vrc blink_left」などが画像のように4つ並んでいればOKです。

もし並んでいなければもう一度Create Eye Trackingの部分をやり直ししましょう。
ここができていないとアップロードしてもVRChat内でまばたきしてくれません。

これでEye Tracking部分の作業は完了です。

VRChatのEye Trackingの際に知っておきたい知識【細かい設定もできます】

Eye Trackingが成功するとこんな感じです

ちゃんと上下左右に瞳が動き、まばたきもしてキャラクターが生きているようになります。
VTuberをやるにも必須の設定ですね。

Eye Tracking設定の各項目の意味

基本的にデフォルトでいいと思いますが、こだわりがある人は変更できます。

ヘッド・左目・右目

該当するボーンを選びます。
基本的に元から自動で選択されているのでそのままで大丈夫です。

Disable Eye Blinking

まばたきを使用したくない場合はチェックします。

Disable Eye Movement

身の動きを使用したくない場合はチェックします。

Eye Movement Range

目の動く範囲を数値で設定できます。
とりあえず通常のVRoidなら0.8のままでいいと思います。

Eye Tracking設定の次にするべきこと

この後はUnityに移ってAvatar Descriptorを設定していきます。

アバターのView Potisionを設定についてはこちらです。
» VRChatのView Positionの設定方法【座標を微調整して目の間に置く】

Cats Blender Pluginの使い方の全体の流れはこちらで解説しています。
» Cats Blender Pluginの使い方【1ボタンで最適化・詳細設定も可能】

というわけで今回は以上です。
目が動くと一気に生きてる感じになるので超大事ですね。

関連記事VRChatのアバターのマテリアルを解説【統合して1つにします】

関連記事【VRChat】アバターのアップロード制限を短い時間で解除する方法

-Blender, VRchat

Copyright© MMD-PVから作詞作曲までやる、ボカロPしんりんの製作ノート , 2019 All Rights Reserved.