MMD-PVから作詞作曲までやる、ボカロPしんりんの製作ノート

ボーカロイド、VRなど音楽と映像の作成方法と講座

Microsoft MaquetteのAssetsの一覧リスト【画像で紹介・素材使い方】

投稿日:2018年12月27日 更新日:

Microsoft Maquetteで使えるAssets(素材)はどんな種類があるの?
VRChatのワールド作成に便利な素材が多いって本当?

Assetsのサムネ画像を一気に眺めたいんだけど?
こんな疑問に答えます。
HTC Viveを利用中で自作した3D素材は400DLを突破している僕が解説します。


Microsoft MaquetteのAssets(素材)を一覧リストにまとめました。

どんな素材があるのかを知れば、作品づくりに活かせると思います。

Maquetteの最大の特徴である「丸み」を生かした素材が多いです。
家具や岩・城・樹木などのVRChatのワールドに最適な素材もあります。
2Dのアイコンも豊富ですね。

なんとGoogle Polyの素材も、VRゴーグルをしたまま検索して読み込んで使えちゃいます。

では、解説していきます。
(Microsoft Maquetteの基本的な使い方は「Microsoft Maquetteの使い方【VRお絵かき、滑らかブラシ・文字入力】」の記事に書いています)

 

Microsoft MaquetteのAssetsのリスト一覧

Shapes

基本図形

岩のような自然体の図形

Objects

3D Icons

Bookmark

LocationMarker

PersonSymbol

Star1

Star2

Devices

Hands

Household

Bookshelf

Bowl

Cabinet2

Cabinet

Chair Wooden

Chaise Lounge

Couch

Curtains

Desk Shelf

Desk

Dog Bed

Dresser

End Table

Monitor

Ottoman2

Ottoman

Pan

Pillow Round

Pillow Square

Planet Pot

Plant

Pot

Printer

Recliner

Rig Rectangle

Rug Round

Rug Square

Sectional Container


Sectional End

Sectional Middle

Stool

Storage Bench

Table Coffee

Table Round

Table Square

TV Stand 1

TV

Vase

Wall Shelf

Xbox Controller

More Shapes

Arch1

Cube_Inverted

Dino

Head

Stairs_5

Plants

Fern_01

Leaf_01

Leaf_02

Leaf_03

Leaf_04

Leaf_05

Icons

HoloLens Icon Set

Maquette Icon Set

Snippets

Animal

Animal_Bird_Hawk

Animal_Derp_Bear

Animal_Derp_Panda

Animal_Dog

Animal_Fish_Puffer

Animal_Fish_Shark

Animal_Fish_Tropical

Animal_Insect_Ant

Animal_Insect_Ant(ふめい)

Animal_Insect_Mite

Animal_Jelyfish

Avatar

Avatar_Full_Female_1

Avatar_Full_Female_2

Avatar_Full_Female_3

Avatar_Full_Female_4

Avatar_Full_Male_1

Avatar_Full_Male_2

Avatar_Full_Male_3

()

Avatar_Full_Male_4

Avatar_Full_Sample

Avatar_Head_Female_1

Avatar_Head_Female_2

Avatar_Head_Female_3

Avatar_Head_Female_4

Avatar_Head_Female_5

()

Avatar_Head_Male_1

Avatar_Head_Male_2

Castle

Castle_Archway

Castle_Bridge

Castle_Buttress

Castle_Buttress_Wide?

Castle_GatewayPiece

Castle_Topper_1

Castle_Tower_Big_1

Castle_Tower_Big_2

Castle_Tower_Small_1

Castle_Tower_Small_2

Castle_Tower_Small_3

Castle_WallPlace

Castle_Window_Large

Castle_Window_Small

AirShip

AirShip_V1

Office

Bean_Bag

Bookself

Chair_Lounge

Chair_Office

Chair_Soft

Computer_Hanging

Desk_Large

Desk_Medium

Desk_Setup_Large

Desk_Setup_Medium

Desk_Setup_Small

Desk_Small

Keyboard

Mannequin_Headset

Monitor_Architecture

Monitor_Hub

Monitor_Large

Monitor_Standard

Monitor_Vertical

Monitor_Wide

Mouse_Pad

Stefan's_Bat

Stefan's_Kendama

Stool

Work_Cabinet

WorkBench

PlaceOrbs

PlaceOrbs_01

PlaceOrbs_02

PlaceOrbs_03

PlaceOrbs_04

PlaceOrbs_05

PlaceOrbs_06

PlaceOrbs_07

Plants

Plant_Bush_Big

Plant_Bush_Flowered

Plant_GrassBrunch

Plant_Ivy

Plant_Ivy_Flowers

Plant_Mushroom_1

Plant_Mushroom_2

Plant_Mushroom_3

Plant_Mushroom_4

Plant_Potted_1

Plant_Potted_2

Plant_Potted_3

Plant_Potted_4

Plant_Shrub

Plant_Tree_Autumn_1

Plant_Tree_Autumn_2

Plant_Tree_Autumn_3

Plant_Tree_Generic_1

Plant_Tree_Pine_Small

Sci-Fi

Dessert_RockCluster_1

Dessert_RockCluster_2

Dessert_RockCluster_3

Dessert_RockCluster_4

Dessert_RockCluster_5

Dessert_RockCluster_6

Robot

Space_AstroidBelt

Space_Craft

Space_Explosion

StoneHead

Sci-Fi

Keyboard_Unit

Google Poly

5番目のタブでは、Google Poly内の素材を検索してインポートすることができます。
Google Polyについてはこちらの記事に書いています。

関連記事Google Polyのダウンロード方法【他人のBlocksやTilt Brush作品】

 




Microsoft MaquetteのAssetsの素材の使い方

Aseetsの素材の使い方を説明します。
拡大させる操作に少しコツがいります。

リストから選択、そのままトリガーを離さない

コントローラーをかざして、リストから選びます。
この時、そのままトリガーを離さないのがポイントです。

トリガーを押したままプラスマイナスで拡大縮小

オブジェクトを掴んだら、そのままトリガーを離さずに操作します。
離さないまま選択状態で、パッドでプラスマイナスを押せば拡大縮小できます。
コントローラーを動かせば、移動します。

慣れれば簡単です。

Assetsの利用規約について

基本的にMicrosoftの多くのソフトの利用規約に関しては、こちらにまとめられています。

Your Content remains Your Content and you are responsible for it.

Microsoft Services Agreement
https://www.microsoft.com/en-us/servicesagreement/default.aspx#serviceslist

上記では、ユーザーが作ったコンテンツはユーザーのものですね。

ただし、このサービス契約の対象ソフトの中にMicrosoft Maquetteは含まれていないんですね。
まだベータ版であるからかもしれません。

正式版になったら、ワードやエクセルのイルカや恐竜のように自由に使えるんじゃないかなと予想します。
おそらく、すぐに正式版になると予想します。

 

というわけで今回は以上です。

丸みを活かした個性的な素材がたくさんありましたね。
家具や岩、城、樹木などの素材は使いやすそうです。
並べるだけでVRChatのワールドは簡単に作れそうですね。

関連記事Microsoft MaquetteのSpotlightを紹介【3DVR空間の参考作品・事例】

関連記事【VRChat】自作ワールドのテストアップロード方法を解説【Unity】

-Microsoft Maquette, VR

Ad-336px-stinger8

Ad-336px-stinger8

Copyright© MMD-PVから作詞作曲までやる、ボカロPしんりんの製作ノート , 2019 All Rights Reserved.