MMD-PVから作詞作曲までやる、ボカロPしんりんの製作ノート

ボーカロイド、VRなど音楽と映像の作成方法と講座

MMDのモデルを改造するためにフリーソフト「Blender」を導入し、モデルの衣装だけを取り出したり、改造したりする作業

投稿日:2015年8月9日 更新日:

MMDのモデルの服だけを利用したい
Blender使ったことないけど、最低限の注意ポイントは何?
これらの疑問に答えていきます。
MMDによるボカロPVを作成した筆者が書いていきます。

はじめに

今回の記事では、MMDのモデルを改造するために、フリーソフトのBlenderを導入する作業を書いていきます。

ですが...
はっきりいって勘弁してくださいって感じです

このBlenderというソフト、フリーソフトで素晴らしいんですけど、一言で言うと

操作が複雑すぎます
複雑すぎて、ショートカットキーを理解する作業がつらい

ただ単にPV作りたいだけなのに、遠回りしすぎじゃないかなあ
何でこんなことやってるんだろ
って気分になったので注意です。
(すいません愚痴っぽくて…)

では、説明していきます。

 

1.Blenderをダウンロードしてくる

Blender公式サイト
https://www.blender.org/download/

まず、Blenderというフリーソフトを、ここからダウンロードします。

blenderはフリーソフトなんですが、効率的に使えるするようにするまでの準備が大変です
覚悟してくださいね

 

2.作業画面、ウィンドウ、ツールボックスの配置などの設定をする

まず作業画面の設定をよくwebで記載されている通りにする
これでやっとこのソフトの全貌がわかってきます

 

3.ショートカットキーを壁に貼って置く、もしくは暗記する

Blenderはショートカットキーを暗記しないと使えません(爆)

ショートカットキーを押さないと動かない動作があるのです、メニューから選べないのです。

何を言ってるかわからないと思いますがw、ようするに「be動詞を暗記しないと英語がしゃべれません」みたいな感じです。

...とは言ったものの、まとまっているサイトがあるので、そこから印刷して壁に貼っておけばそこまで完璧に暗記する必要はないと思います。

Blenderショートカット一覧(モデリングでの利用頻度順)
https://blender.jpより
こちらを印刷して、机の前の壁に、貼っておくのがおすすめ

 

4.Blenderで、お手本のMMDモデルを読み込んで、洋服パーツだけを残す
それを改造していく

さて、今回のメインテーマは、このBlenderを利用して、MMDモデルの着替えを行いたいわけです。
まずは、お手本モデルを読み込んで、お手本の洋服パーツだけを残し、それを改造していくのが一番楽と思われます。

4−1.お手本モデルはどこ?

お手本モデルは、前にも書きましたが、ここからダウンロードします
他にもネットの海を探せばあるかもしれないですが、あまりに非効率なので、僕はもうここにあるものしか、使用しません

vpvp wiki
https://www6.atwiki.jp/vpvpwiki/

4−2.どうやって読み込むの?

ファイル>インポートから、先ほどダウンロードしたデータを選択します

ファイル形式に注意

ここで注意なんですが、ファイル形式が古いものだと、上手く読み込めないことが多いです
変換とか、いろいろ技もあるみたいですが、時間かかるのを考えると、読み込めないのはバッサリあきらめるのもありです。
また、下の方に書きましたが、インポートエクスポートには専用のプラグインが必要なので注意しましょう。

 

4−3.どうやって洋服以外を消すの?

これはやってみると意外と簡単です
選択して、消していくだけですね
操作に関しては、さきほどの操作表をチラチラ見ながら、回転させたり、複数選択してやっていきましょう

 

5.洋服を改造する細かいテクニック

さて、ここが肝心ですよね

基本的には、勘でいじってみるのも大事ですが、専用の操作やショーカットを知らないとどうしようもない操作も多いです

頂点を移動するだけなら、形だけに注目し、コツコツ変えていきます
頂点を選択して移動させる感じです

5−1.穴を埋める>>既存の頂点を利用

応用技として、穴を埋めたりするには、既存の頂点から面を貼ることができます
穴を消す場合にCtr+で選択部分を広げていくのが有効ですね

 

5−2.ナイフ(K)で切ったり3頂点を結んでいきながら、新しく面を作ることができる

ナイフ(K)で切ったり3頂点を結んでいきながら、新しく面を作ることができます。
4頂点になるとくぼみが出来てしまいますので、3つというのが肝心です

 

5−3.ボーンとの関係性を修復し忘れないこと

パーカーの穴は塞いでミラーコピーしても、ボーンとの関係性を修復し忘れないことに注意です
基本的にどんなパーツてもボーンとの関係性で動きが計算されることになります

 

5−4.ミラーコピーは便利>>ピリオドキーで中心を原点に戻し、ctrMでX軸反転する

ミラーコピー機能は便利です
パーツを、左右対象な形でコピーできたりできます
ただ、コピーしてから移動させるのに戸惑います

注意点ですが、ミラーコピーしたら、ピリオドキーで中心を原点に戻しつつ、ctrMでX軸反転しましょう
対象というのは、中心に向かって行われるので、中心がずれてると対象もずれます

 

5−5.新しくパーツを追加したい場合>>新規描画に近い作業

新しくパーツを追加したい場合は…ゼロから描画することになりますね
なので、「パーツの追加はあきらめる」のも選択肢の一つ
(さっきから、あきらめるばっか言って、申し訳ないですが、時間がかかりまくるのは事実だと思うんです…)

ってか本当に複雑ですよね、自分で書いててもわけわかん…ない…
なんかすいません…

 

6.プラグインを使用して、PMD/PMX形式にエクスポートする

形ができたら、エクスポートしますが、ここでPMD形式にエクスポートする時にはプラグインを使用することになります

ここでMacユーザーでMMDやPMDEditaの使えるバージョンが限られています
でも、ここではPMXで大丈夫です

プラグインは条件が重ならないとうまくエクスポートできないので、注意してください。
具体的には以下の通りです。

 

6−1.BlenderからPMXエクスポート時の基本的な注意点

- 衣装モデルを選択状態にしてからエクスポートを押す
- センターボーン必ず含める

えーっと、この辺あんま自信ないんですが(すいません)
エクスポートするときにも条件が多いです、選択してからエクスポートしないと反映されない…だった気がするので注意しましょう

 

6−2.服にボーンがすでにあるときは、そのボーンだけ選択すれば良い

PMXをエクスポートするとき、服にボーンがすでにあるときは、そのボーンだけ選択すれば良い(ボーン追加とかしなくて良い)んです
ボーンの名前は変えなければ、元のモデルの物と自動でマージされる

とはいっても、余計な使わないモデルや材質は消したほうが作業がしやすくなりますね
サムネ画像クレジット:Exclusive on Freepik

 

まとめ

今回は、MMDのモデルを改造するためにフリーソフトBlenderを導入する作業について書いてきました。

Blenderを導入して、MMDモデルを読みこみ、服以外を消して、保存、エクスポートするという流れでした。
途中、Blenderの操作方法を壁に貼っておかないとわからなくなるなどの、注意点がいくつかありました。
でも、そこまで難しくないと思います。

次の作業の記事はこちら

次の作業PMDEditaで(できるだけ簡単に)MMDモデルを着替えさせようとした時に気付いたこと

人気記事VRoidモデルをVRChatでアバターとして追加する方法【アップロード】

-Blender, MMD

Ad-336px-stinger8

Ad-336px-stinger8

Copyright© MMD-PVから作詞作曲までやる、ボカロPしんりんの製作ノート , 2018 All Rights Reserved.